レコード・クロニクル

レコ掘りの悲喜こもごも日記。

真夏のレコ屋めぐり。

あづすぎ~。台風は停滞気味。こんな8月の日曜は自宅待機です。

 

さて、前回の続き。中古レコ市後のレコ屋めぐり。

 福岡の都心にはおよそ10件ほど中古レコ屋がある。

今回はグーグルマップを頼りに北天神界隈の中古市の帰りにて廻ってみた。

一件目は飲み屋ひしめく裏通り雑居ビルのウナギの寝床のような場所。まるでBARのようなハードボイルな雰囲気アルネ。でも、値段が高いので早々に退散。

 

二件目、道に迷った末に到着。大通りに離れたちょと閑静な商店街。ブテックのようなたたずまい。ドアを静かに開けるとカップルが一組物色中。な、なんと100円~激安コーナーが下の段に店中を一周しているのだった!アドレナリンが一気に分泌!疲れを忘れさせた。

 

そこで、聖子ちゃんの名盤『風立ちぬ発見。二〇〇円也!

 

f:id:tokidokihareo:20170806114532j:plain

今さっき、大音量でじっくり聴いてみた。

もうA面全編大瀧詠一作品なんだから。何を言うことがあろうか!(ちなみに松本隆全編作詞)特に神曲と誉れ高い一千一秒物語は極北だ。これまでなんどもCDで聴いてきたが、アナログ盤で大音量で聴いてみるとナイヤガラのウォールオブサウンドがさらにダイナミックに厚みを増して迫って来る。ストリングスが遠い沖からなんども打ち寄せだんだんと大きくなり、最大級になるときの聖子ちゃんのせつない歌声。涙腺決壊した。

 

その他、飯島真理、郁恵ちゃん、河合その子とみたゆう子 大橋純子 等々 実力派邦楽女性ヴォーカルものをお安くゲット。ちょっとだけ立ち寄るつもりが・・。1時間以上はいた。その間お客は2.3名来店。お会計の時、『ちょっと長居しすぎて、安いものばかりどうも・・』なんてお愛想を振りまいたが、店主は何の反応もない。( ;∀;) でも、初めてですか?と 無期限のスタンプカードにハンコを押してくれた。また来ます!

 

しかし、天神地区に中古レコード店でやっていけるな~。店借りてんのかな?それとも大家さん?でも、やっていけてるのなら最高だね。一日中好きな音楽流して、レコードの囲まれてさあ愛想なくてもいいのだから・・・。まあ不愛想も愛嬌の内。内容で勝負。うらやましい!

 

さらに炎天下の中レコードが重いぞ~。と近くのもう一軒。ただここはレコード屋というより、オーデオ専門ショップだ。マズイ、オーデオは道楽だ。誘惑の入口だ。いかんいかんあまり深入りしないほうがよさそうだ。(ま、いつか隠居するころこだわりのオーデオセットを相談しようかな~。)

 

というわけで福岡の残りのレコ屋めぐりは、またお金を貯めてと。

12月にまた、中古レコ市はあるそうなんそれも楽しみ。

じゃね(@^^)/~~~