レコード・クロニクル

レコード集めの悲喜こもごもの日記

京平の夏

 

 

 

クソっ暑い夏にサウナいいですね。

先日猛暑の中、隣の市営の温泉施設にいきました。

やっぱり、おじいちゃん多いです。真夏なのにめちゃ元気です。笑

 

そこのサウナ室に有線が流れまてす。

以前はド演歌が多かったんですが)(結構楽しめました。)

最近は邦楽ポップスが多いです。でもほとんど邦楽のベタな曲ばかり。。

正直、吾輩的には、た・い・く・つ です。

 

 

が、しかし、あのイントロ ”ダッダッダッダダッダダ~ン・”・が聴こえた来たとき、サウナ室で鳥肌ものでしたよ。

 

さて、何の曲? 

ああ、もう、タイトルでわかる人はわかる!わからないひとはわからない。

 そう、知るひとぞ知る 知らんひとは知らん昭和の名曲。

f:id:tokidokihareo:20170816172124j:plain

「真夏の出来事でした。

 

 

ノリノリのあっけらかんの曲調にかかわらず、歌詞の内容といえば、”冷たい海が別れを知っていた” というようなむしろ『やさぐれ恨み節』のブルース調で歌われてもいいような詩(橋本 淳 作詞)で、でもだからこそいっそう、シュールな哀しみの世界が繰り広げられる気がします。(アメリカン オールディズ の名作: THE END OF THE WORLD の世界に近いような。)

 

 f:id:tokidokihareo:20170816172039j:plain

 LP平山ミキベストしかしこのジャケット、めっちゃやさぐれてますねん!!

 

全編:筒美京平のアレンジでグルーヴしまくってます。(シングルのいろんな制約から解き放たれて自由にやってる感じがします。)『真夏の~~』はシングルよりさらにリズムがたっています。姉妹曲の『熟れた果実』も夏にナイスなキラーチューンなのです。

 

 特に意識して京平モノ集めてるわけじゃないけど、(もし集めだしたら膨大過ぎてそれこそそりゃたいへんだぁ。でも京平マニア。絶対数けっこういるよね? )

何気に邦楽のレコード集めていくと、自然と京平ものが増えてくるのはまさに筒美京平の偉大さゆえのことだろう。京平作品で手元にあるのはLPでは中原理恵大橋純子岩崎宏美浅野ゆう子いしだあゆみ  みな実力派 歌手がございます。でもまだまだ枚数ぜんぜん追いついてないね。

 

カラオケでは昔、京平モノの定番『君はバラより美しい』『また逢う日まで』をか細い声で咳き込みながら唄ってました~。(恥っ)(最近は全然いってません。)声量がある人・声質が太い人絶対おススメです!カッコよく盛り上がりますし、めっちゃ気持ちいいはずです。

 

サウナの有線で、京平モノばかり流してくれれば・・もう出られなくってしまうね。

それもヤバイな。京平の昭和歌謡グルーヴにやられ真夏の出来事でした。

 

 じゃあまたね~(^^♪

 

*タイトルと内容変更のお知らせです。

以前の写真中心の記事は、いづれ開設するつもりのもうひとつの(旧タイトルとおなじ)ブログ『OFF SEASON』に 移行し、またあたらしく写真と短い文章をのせていきたいとおもいます。 勝手ながらよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

ジャマイカンフェア

f:id:tokidokihareo:20170813175454j:plain

お久しぶりっこのdigital harinezumi 多重露光

お初の連投です。夏が通りすぎないうちに、と。

 

夏のレコードといえば・・・とレコード棚探してきました。トロピカル系は割り好きなので、CDはいろいろ持っててるんですが・・ レコードはまだぜんぜん少ない。あれやこれや物色中ですが、何せ高騰してるものばかり・・・。というわで、7インチ2枚。

 

 まず岡崎友紀『ジャマイカンフェア』 f:id:tokidokihareo:20170813181205j:plain

 

「ドユーリメンバーメー』のB面なんですが、これがまた良い。作詞:安井かずみ 作編曲:加藤和彦  ダブッて言うのですか?レゲエをクラブミュージック風にもっとあか抜けたサウンドにしたような・・。もう聴いた瞬間、夏・夏・夏 ス・テ・キとなります。岡崎友紀さんのレコード他にも持ってるのですが、音楽の才能あふれるひとだったんですね。昔のアイドルというイメージが強いけど。(意外に音楽的に隠れた才能を持ってるアイドルのレコード集めるのも楽しみです。)

 

お次は写真ピンボケ気味のMANAの『yellowmagic carnival 作詞・作曲・編曲:細野晴臣 

f:id:tokidokihareo:20170813181355j:plain

 YMOでおなじみのナンバー。ヴォーカルもので、キャラメルママの後期の演奏の傑作ですね。

 

 

 【多重の写真のネタバレ】

f:id:tokidokihareo:20170813175439j:plain

実は体育館前の水たまりに夕映えのヤシの木が写ってて、それに浜辺を重ねました、とさ。(^^♪

 

 

 じゃあ、またね (@^^)/~~~

 

 

やさぐれブル。

なんてこった。

最近になってわかっちまった・・・

 

オイラは写真や文章が下手くそだということ。

 

f:id:tokidokihareo:20170813093510j:plain

 

なんてこった。

最近になってわかっちまった・・・

 

オイラにはセンスがないってこと。

 

これといってなにも取り柄がないことも・・・

 

だが、ブログは続く・・。

退屈で平凡な日常が続くように。

 

たぶんおそらくきっと・・・。

 

 

ーーーというやさぐれた気持ちを癒そうと、レコード棚を見ていたら、セルジオメンデスの歴史的名盤を見つけて針を落としました。

 

 最高です!

 

そう、ラテン系です。と言っても単にノリノリってわけじゃなく、メロウで陰影があり、クールなのですね。(ああ、なんてちんぷで貧弱な修飾語だ・・。)

 

f:id:tokidokihareo:20170813100658j:plain

 

 そういえば、これブックオフで108円だった。盤もジャケットもまずまずの状態。まあ、いいこともたまにありますね。生きてれば・・。

 

しょうーもない喜びです。でもこれがいいのかもね。

 

 

 

 

 

真夏のレコ屋めぐり。

あづすぎ~。台風は停滞気味。こんな8月の日曜は自宅待機です。

 

さて、前回の続き。中古レコ市後のレコ屋めぐり。

 福岡の都心にはおよそ10件ほど中古レコ屋がある。

今回はグーグルマップを頼りに北天神界隈の中古市の帰りにて廻ってみた。

一件目は飲み屋ひしめく裏通り雑居ビルのウナギの寝床のような場所。まるでBARのようなハードボイルな雰囲気アルネ。でも、値段が高いので早々に退散。

 

二件目、道に迷った末に到着。大通りに離れたちょと閑静な商店街。ブテックのようなたたずまい。ドアを静かに開けるとカップルが一組物色中。な、なんと100円~激安コーナーが下の段に店中を一周しているのだった!アドレナリンが一気に分泌!疲れを忘れさせた。

 

そこで、聖子ちゃんの名盤『風立ちぬ発見。二〇〇円也!

 

f:id:tokidokihareo:20170806114532j:plain

今さっき、大音量でじっくり聴いてみた。

もうA面全編大瀧詠一作品なんだから。何を言うことがあろうか!(ちなみに松本隆全編作詞)特に神曲と誉れ高い一千一秒物語は極北だ。これまでなんどもCDで聴いてきたが、アナログ盤で大音量で聴いてみるとナイヤガラのウォールオブサウンドがさらにダイナミックに厚みを増して迫って来る。ストリングスが遠い沖からなんども打ち寄せだんだんと大きくなり、最大級になるときの聖子ちゃんのせつない歌声。涙腺決壊した。

 

その他、飯島真理、郁恵ちゃん、河合その子とみたゆう子 大橋純子 等々 実力派邦楽女性ヴォーカルものをお安くゲット。ちょっとだけ立ち寄るつもりが・・。1時間以上はいた。その間お客は2.3名来店。お会計の時、『ちょっと長居しすぎて、安いものばかりどうも・・』なんてお愛想を振りまいたが、店主は何の反応もない。( ;∀;) でも、初めてですか?と 無期限のスタンプカードにハンコを押してくれた。また来ます!

 

しかし、天神地区に中古レコード店でやっていけるな~。店借りてんのかな?それとも大家さん?でも、やっていけてるのなら最高だね。一日中好きな音楽流して、レコードの囲まれてさあ愛想なくてもいいのだから・・・。まあ不愛想も愛嬌の内。内容で勝負。うらやましい!

 

さらに炎天下の中レコードが重いぞ~。と近くのもう一軒。ただここはレコード屋というより、オーデオ専門ショップだ。マズイ、オーデオは道楽だ。誘惑の入口だ。いかんいかんあまり深入りしないほうがよさそうだ。(ま、いつか隠居するころこだわりのオーデオセットを相談しようかな~。)

 

というわけで福岡の残りのレコ屋めぐりは、またお金を貯めてと。

12月にまた、中古レコ市はあるそうなんそれも楽しみ。

じゃね(@^^)/~~~

真夏のレコ市

お久し鰤のてりやき (熱っ)。いやいや暑中お見舞い申し上げます。

 

さて、先週の土曜日、またまた中古レコード市にいってまいりやした。

 f:id:tokidokihareo:20170801210439j:plain

帰りの道すがらの記念写真。肩にはずっしりレコード、ポッケは軽くなったお財布。

 

 

レコ市は金曜日が初日。ああ初日に仕事休んでいける身分になりたい!

行ったのは二日目なので、掘り出しものはみんなツワモノどもにやられちゃっただろうな~とおもいつつも午前10:40分会場前に到着。7.8名ぐらいの行列に並ぶ。静かな雰囲気の中、ヒソヒソと話が耳に入って来る。あの店でアレをゲットしただの、日頃の掘り出し物の成果の報告会の様相だ。『お主らできるな』と吾輩は(・_・D フムフムと知らぬ顔をして缶コーヒー飲みながら聞き耳を立てていた。

 

さて、11時の開場。この緊張感何とも言えん。さっそく邦楽コーナーに一目散。ざっとみてみる。う~んヤフオクなどと比べてやはり全体的には少々お高めの印象だ。そりゃそうだよな。会場代やら運賃とか考えれば・・・。

 

と、そうこうするういち、見つけてしまった!無人島には是非持っていきたレコードを・・。

  f:id:tokidokihareo:20170805170757j:plain

ワールドスタンダード

アンビエント、フォーク・エレクトロニカ系と言えばいいのかな?かつての細野晴臣主宰のノンスタンダードレーベルの番頭的存在の鈴木惣一朗。彼が率いる音楽集団のファーストアルバムだ。2500円也。ヤフオクのおよそ半値だ。CDは持ってるが、ここは一期一会の何かのご縁でお買取り~。

 

あと4枚:浜田金吾(ハマショウじゃないよ。)笠井紀美子(オークションで何度も負け続けた超名盤TOKYO SPECIAL をやっとゲット)あと二名敦子尾崎亜美の佳作LP。

平均1000円でお買取りぃ。(^'^) ヤフオクでの送料ゆうめーる400円を差し引けばまずまずのお値ごろ感のものだとおもう。

 

シングルコーナーはザザッとチェックしただけ・・やはりレア物はちょっと高いかな?会場を一周するころ(お昼過ぎ)にはずいぶんお客も増えてきた。さあ、そろそろ退散しよう。 お昼は節約するため、98円のブドウパンと朝の缶コーヒーの残りだ。

 

 その帰り道、周辺の中古レコ屋を3軒まわりました。それに関して次回へ続く。

じゃあね^。

  

youtu.be

 

 

シュワッと弾けてっ♪

ずいぶん暑くなりました。でも、吾輩が住むところは空梅雨なのか?風はさわやかなんかじ。

 

f:id:tokidokihareo:20170617190631j:plain

 

さて、レコード収集のきっかけとなった1枚。マザーグースのファーストアルバム『インディアンサマー』。シングルカットのシュワット弾けてっ♪が印象的な『貿易風にさらされて』はLIGHT MELLOW のCDコンピで聴いて以来、もう欲しくてたまらなくなった。最初はCDアルバムをずいぶんと探していたがどこにもなく、たまたまオークションンでLPを見つけてとりあえず買っとけ!で購入。やっぱりどうしても聴きたくて、長年インテリア状態だったステレオシステムを(アンプが壊れていたが、知人からフォノイコライザー譲り受けることができた。)再起動! 超ひさしぶりにレコードを聴いたのが、このマザーグースのLPだったわけです。

 

f:id:tokidokihareo:20170617185440j:plain

ヤフオクで2500円 美品でお買い得だった、とおもう。

youtu.be シングルバージョン:

 LPバージョンの『貿易~』は、ゆったりメロウで吾輩はLPバージョンが好き。(シングルはキャラメルママ+山下達郎らものすごいメンバーのクレジットがあるのだけどね・・)

 

  

『パノラマハウス」

 f:id:tokidokihareo:20170617185518j:plain

 ユーミンのイラストがおしゃれです。

 

youtu.be

マザーグースの最後アルバム。復刻版はCDを手に入れることができたが、こんどは

アナログ盤がみつからない、あっても随分とお高かったのです。でやっと サウンドファインダーという全国レコード店の出品が見れるサイトでそこそこの値段で購入。2700円也。『セブンアップを買ってよ~』が印象的な歌詞があるマリンブルー。アナログ2枚+CD1枚 いずれもそこそこのレアものとあって、並べて飾ってます。曲はやたらめったらは聴きません。(なんかもったいないので。貧乏性です。)

  

で、ここで考えさせられるが、シングルバージョンvsLPバージョン。 一般にシングルのアレンジがよりキャッチ―で、テンポが良く、ゴージャスな感じがします。LPはおちついたもの。あるいは変則なもの。どちらかがいいかは、楽曲によるし、当然好みにもよる。というわけで、シングル:LPバージョン両方が欲しく成るとうわけなのです・・・。

 

追記:なつかしい『7up』の瓶、リサイクルショップで探してるが、なかなかないね~。

 

 

どうもすいやせん。

ずいぶんご無沙汰のブログ更新。写真慾もブログを書き込む慾も、レコード慾にすいこまれちゃったよ~。ああ寝ても覚めてもレコードばかり考えてしまう日々なのです。

 

で、なぜ今また再開したかというと、あるひとのレコードにぶったまげたから。これは書かんといかんぜよ!という思いに駆られたのです。(でもまあ知ってる人は知ってる・・何をいまさら感は御座います、たしかに。そこはご勘弁です。)

  

このひと、ワイドショーあたりでなんだかいろいろ騒がしいひと。なんかちょっとメンドクサイ感じがあるひと。と世間で評価されてるような認識だった。 たしかにどこかで「才能はあるのにもったいないなあ・」という話は聞いてはいた。なので、たまたまアナログ盤がショップにあったからついでに買ったって感じなのです。

 

で、疑心暗鬼に針を落とした瞬間、ぶっとんだ!!いや~ファンキーです。パワフルでパンチが効いてます。演奏もかっちょいい!ブンブングルーヴがうなりまくる。編曲はさすがの鈴木茂 井上鑑。でも作曲は全曲彼女のクレジットなのだ。 どうもすいやせん。おみそれいたしやした~。 

  

お察しの通り、そのひとの名は泰葉。アルバムは泰葉の「ヴィヴィット」(写真でバレバレですが。)お父さんの才能がまるごとポップスに変異してしまったのか!?彼女はポップスの林家三平だったのだ!

 

f:id:tokidokihareo:20170614172110j:plain

 

これはとあるド田舎の個人のリサイクル店で購入。いま6件ほど目をつているお店がある。今回は2巡目。前回はここで4枚買った。あれ、なんだっけ?そうそう飯島真理があったな。(彼女も天才なんでいつかブログに書きたいっす。)今回は中原めいこ「2時までシンデレラ」と2枚。これもパンチがビシバシ飛んでくる傑作です!1枚300円と書いてあったが、店主気持ちよく2枚で500円にしてくれた。

 

この店のメインは中古業務用・家庭用の家具だ。なのでレコード棚はずっ~と奥の方。まあジャンルわけは滅茶苦茶だしずらっと横長で見ずらい。7~800枚が2段のひな壇。でも、まあ、明るくてまだいい方かな・・?(ひどいお店はひどい。もうひどすぎます(涙)・・いずれ書こうと思います。)

 

 というわけで、このお店(泰葉店と名付けよう!)また9月辺りにまたよってみよう。

 新しいのが入ってるかも知れない。

 

じゃ、またね!(@^^)/~~~